2010年06月19日

父が他界しました

毎日のように更新しているブログだったら
これくらい更新しないと「何かあったのかな?」って思われるのだろうけど...
もともと「気まぐれ」なブログなので...
「また、サボっているんだろう...」っていうのが、いいところなんだろうね...
実は、先週の始めにタイトルのことがありました。

そんなことがあって、本当に久しぶりに「親父の思い出」を色々と思い起こす機会になったんでけど...

自分が最初に使ったカメラは、「親父のお下がり」だったことを思い出しました。
本当に記憶だけなんだけど、そのカメラは東京光学製の「ライカM3のコピー」っていうモノ。
スクリューマウントでレンズ交換可能で、レンジファインダー距離計機能付き、
横走りフォーカルプレインシャッターMAX1/500秒...当然露出計機能は無し...
親父がそのカメラを買った時代(自分が生まれる前だろうから1950年代初頭)はどんなタイプのカメラが主流だったかは分からないけど、おそらくは「カメラ好き」のカメラだったんだと思う...
もちろん本物のライカやニコンのSシリーズなんて、たぶん手が出なかったんだろう...。
そのカメラを自分は中学校の修学旅行に(たぶん借りて)持って行ったんだ。
たぶん、「相当古いカメラ」だったはずなんだけど、恥かしいって記憶は全くない...
ただ、その修学旅行で撮った写真を含めて自分が撮った写真を見た親父が言うことは「なんでこれ(メインの被写体)を真ん中にしないんだ...」
今で言う「日の丸構図」を良しとしてたんだろうね...。

その後、自分が高校生になって、アルバイトをしてF2を買ったって言うのはこのブログで少し前に話した内容なんだけど...自分としてはそのバイトの給料で自分でF2を買った記憶だったんだけど、今回そんなことがあって実家に一週間寝泊まりするなかでオフクロと話していると、どうも親父が当時の勤務先での売店か何かで「価格交渉(要するに値切り)」を頑張って安く買ってくれたようです。
たぶん、親父としては「自分の息子が稼いだ金」を少しでも有効に使わせたいと思ったんだろうね...
でも、そんな風に思いを込めたカメラで被写体を左右に寄せたり...
ましては地面に映る「影」なんか撮った写真なんか見たら、たぶん絶句するんだろうね...

なんか「フツ〜のブログ」みたいになっちゃいましたね。
ここは「写真館」なので。

0618.jpg

親父が逝った次の日の実家の庭のアジサイです。

もし、この写真を親父が見たら...
「どこにもピントが合ってないじゃないか」って言うだろうね...(^^)
posted by さすらいのカメラオヤジ at 00:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですか、それは大変なことでしたね、お察し申し上げます。私も12年前にオヤジを亡くしまして、かなりドタバタしました。学生時代にご実家で1度お目にかかったことがありましたね。笑っておられたお顔が記憶にあります。

お悔やみ申し上げます。
そしてカメラオヤジさん自身の体調にご留意ください。どうしても無理をしてしまいがちなので。
Posted by t-kuro at 2010年06月19日 19:49
それは大変でしたね。
お悔やみ申し上げます。
カメラオヤジさん、どうぞご無理をなさいませんように。
Posted by miya at 2010年06月20日 15:02
御心配ありがとうございます。
確かに初めてのわからない事ばっかりだらけなんですが、
それほど大変ではなかったです。
でももう少しやらなきゃならない事が残っているので
Posted by カメラオヤジ at 2010年06月20日 17:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153715889

この記事へのトラックバック